『これからはハートドリブンの時代が来る』このハートドリブンとは言葉の通り、論理的な思考でなく、心に訴える事が大事になってくるとまとめた言葉です。

 

雰囲気くん雰囲気くん

私たちも無意識の間に“心”に訴えられて商品の購入や行動をおこしていたのです

 

今回は機能的な価値ではなく感情的な価値。ハートドリブンについて話ししていきます。

 

機能的価値より感動的価値を。現在は“心”に訴えかけたものが勝つ

1.機能的に大差がないから心に訴えた者が勝つ

現在高いお金を払わなくても美味しいものが食べる事ができ、高い洋服と安い洋服、品質で見違えるほど差があるのか?私はほとんど差がなくなったように感じます。

 

それなのになぜ高いブランド品は売れているのか?

 

それは無意識のうちにブランドの思想や価値にお金を払う、『感情報酬』にお金を払っていたのです。

 

 

2.機能的な価値だけではいずれ破産します

機能的な価値だけでも勝てるとまだ思っている方がいますが、機能的な価値だけで勝つにはかなりの資本が必要になり、資本力のある会社が勝つ仕組みとなっております。

 

私たちのような一般人がこの資本力をもつ会社にどう勝つのか?

 

結論、ワクワクやドキドキ、思想や哲学、物語や文化など相手の感情に訴えかけていく事が大事なのです。

 

ハートドリブンなんて綺麗事だしなかなかできないと思っている方は多いと思いますが、それでも今やっている仕事だけでなく、プライベートすなわち家族との時間などでもこの感情的に訴える方法をトレーニングしていくのもいいでしょう。

 

今まではロジカルシンキングな考え方が主流でしたが、このロジカルシンキングの考え方も飽和状態になり、この考え方は大切な考えですが、ベースにしつつハートドリブンな考え方を取り入れていきましょう。

 

 

3.まとめ

この感情に訴えて自分の物語を作る。この考え方は起業したての人や、フリーランスで活躍する人はとても良い話だと思いますね。

 

自分の信頼にキャッシュが生まれる仕組みを作る事ができたのなら、それはものすごく強いキャッシュポイントになりますからね。

 

私の事業の一つでもある「格安スマホの代理店」は人と人との繋がりがあって成り立つビジネスです。

 

高い携帯電話の料金を払っている人に対して、“携帯電話の料金が安くなりますよ”と教えてあげる事で、相手にも携帯代金が安くなり、感謝され口コミで広がっていくビジネスとなっております。

 

まだ個人でも代理店になれますので、詳しい代理店の登録方法などが聞きたい方は無料の面談にきてみて下さいね!

 

 

格安スマホ無料面談(東京会場)