こんにちは!今回は自分自身の視点を変えるだけで、物事が好転していくお話しをしていきます。

 

雰囲気くん雰囲気くん

結論自分は世界の一部でしかない事、自分自身を俯瞰で見る事が大切なのです。

 

 

僕たちはどう生きるべきか?自分は世界の○○でしかないのだ

1. 正しい視線の持ち方とは?

私もですが、この記事を読んでくださっている方のほとんどが、世界は自分を中心に回っていると考えていませんでしょうか?

 

よく転職を考えている人など、『次の就職先が決まらなかったらどうしよう』『世間から見たらニートはきついよな』など考えて、行動に移せない方が多いですが、結論自分一人なんてこの広い世界ちっぽけな、ただの分子みたいなものなのです。

 

そんなに世間はあなたに興味はなく、人一人会社をやめたところで世界は何も変わらないのです。

 

2.自分で自分を決定する力をもつ

この意味は外野に惑わされるのではなく、自分が心から立派だと思う行動をしよう!という考え方になります。

 

よく子供どおしの喧嘩などで、あの子を怒らせてしまったからきっと絶好されたに決まっている。

 

なんてクヨクヨしてしまう気持ちは分かるのですが、コントロールできない相手の気持ちを考える事自体考えるのが無駄なのです。

 

大切なのは『今自分が何をできるか』を考える事になります。

 

何を考えるべきで何を考えるべきでないかを整理できるようになるだけで、余計な悩みを抱える事なく、自分の正しいと思える意思決定ができるようになります。

 

3.まとめ

 

この考え方を利用できるのが友達などからの悩み相談などです。

 

よく悩み相談などで、自分本位の考えを押し付けがちですが、大切なのは相手の背中を少し押してあげる事なのかもしれませんね。

 

毎日このような記事を書いています。また覗いていただけたら幸いです。